長島光男

 
長島光男
殿堂入り
シーカーデビュー 2010/09/01
記憶の数: 94
テーマの数: 3
記憶の語り手の数: 29
写真: 52
スコア: 1212

メモリーシーカー

MEMORO「記憶の銀行」の長島です。MEMOROのことはNHKのニュースで知り、映像ディレクターとして参加しました。2013年からは代表理事を引き受けさせていただいています。自分がメモリーシーカーとして記憶を探すだけでなく、一人でも多くの方にMEMOROを知っていただき、人生の先輩方の貴重な記憶を残していければと思っています。みなさん、MEMOROをよろしくお願いします。
2.1 分
漁師の仕事は契約制だった。契約が終わると「わかれ」という儀式があった。「わかれ」の儀式を終え、漁師はまた別の船と契約を取り交わしていった。漁...
再生回数 146 回
2.1 分
明治時代に大磯に大火事が起き、当時、現在の仮設住宅と同じような決まった形の家が建っていたが現在ではみな建て替えられている。昔は海に出る細い道...
再生回数 110 回
2.1 分
終戦になり、元の家があった場所に戻ってきたが、すでに他人が住んでいた。自分の家が壊されたとき、工場をを営んでいた父は、社名の看板を一緒に疎開...
再生回数 56 回
2.2 分
西海さんは結婚されて大磯に住み始めた。漁師町だった大磯は、嫁の実家にぶりを送るなどの風習があったが、西海さんが住み始めた頃はすでに漁がそれほ...
再生回数 69 回
3.2 分
西海さんは、戦時中強制疎開を経験した。強制的に家を壊され疎開させるのが強制疎開。家が壊される様子を子どもの頃の西海さんは見ていた。
再生回数 59 回
2.1 分
漁師町大磯では、年に1回漁師達による祭りが行われた.。御輿を担いで浜におりる盛大なものだった。一年おきに行われる御船祭りでは、裸になった漁師が...
再生回数 105 回