童謡100年プロジェクト

童謡100年プロジェクト

作成者 長島光男 作成日 2017/02/07
童謡は2018年に100周年を迎えます。この素晴らしい童謡文化を再評価し、この先100 年歌い継いでいくプロジェクトです。MEMOROはこのプロジェクトに参加し、童謡にまつわる記憶を集めます。

3.9 分
昭和10年、赤羽で生まれた高橋さんは、隣のおばさんから童謡を教えてもらった。当時、2.26事件などがあり、童謡も軍国主義的な風潮になっていたが、子ど...
再生回数 159 回
4.0 分
戦後になり、童謡はどんどん街に広がっていった。赤羽に住んでいた高橋さんは、近所の女の子と童謡を歌って遊んでいた。蓄音機を持っていた友人の家で...
再生回数 83 回
3.3 分
童謡好きだった高橋さんは、歌うだけでなく童謡に関する研究も行ってきた。童謡を歌ってきた歌手、歌詞など色々なお話しを伺った。
再生回数 99 回
4.0 分
国鉄の職員だった高橋さんは、団体旅行の時に列車内で歌う唄の作詞を手がけた。高橋さん作詞の唄は、本職の歌手を招いてのお座敷列車で歌われたり、レ...
再生回数 102 回
3.1 分
子どもの頃から童謡が大好きだった高橋さん。その頃の童謡の歌詞は、街の風景そのものだった。ある日チンドン屋の演奏につられてついていった高橋さん...
再生回数 147 回