月島の記憶(2):少女期 村崎陶器店五女の視点

Loading video
2.少女期 村崎陶器店五女の視点
勝鬨橋が跳開していたころ、1940年代終わりから1960年代の頃の月島のお話です。子供時代の街の様子、遊び、家族の手伝いなどについてうかがいました。
再生回数 500

コメント数

0 個