2.0 分
昔の仏壇には「からくり」のある凝ったものがあった。「からくり」は職人の意気込みの表現であった。
再生回数 75 回
2.1 分
漁師の仕事は契約制だった。契約が終わると「わかれ」という儀式があった。「わかれ」の儀式を終え、漁師はまた別の船と契約を取り交わしていった。漁...
再生回数 146 回
2.1 分
明治時代に大磯に大火事が起き、当時、現在の仮設住宅と同じような決まった形の家が建っていたが現在ではみな建て替えられている。昔は海に出る細い道...
再生回数 110 回
2.1 分
漁師町大磯では、年に1回漁師達による祭りが行われた.。御輿を担いで浜におりる盛大なものだった。一年おきに行われる御船祭りでは、裸になった漁師が...
再生回数 105 回
2.1 分
終戦になり、元の家があった場所に戻ってきたが、すでに他人が住んでいた。自分の家が壊されたとき、工場をを営んでいた父は、社名の看板を一緒に疎開...
再生回数 56 回
3.2 分
西海さんは、戦時中強制疎開を経験した。強制的に家を壊され疎開させるのが強制疎開。家が壊される様子を子どもの頃の西海さんは見ていた。
再生回数 59 回
3.3 分
大磯の海側の家はほとんど漁師 だった。漁に出る父のために、えさをつけたりするなど、漁の準備をするのが子ども達の役目だった。食べ物のない時代で...
再生回数 75 回
3.9 分
江戸の頃から漁師を営んできた内田さんの家。4代目となる漁師の父は小さな船で漁に出ていた。内田さんをはじめ子ども達は皆、朝早くから漁師である父...
再生回数 173 回
2.2 分
西海さんは結婚されて大磯に住み始めた。漁師町だった大磯は、嫁の実家にぶりを送るなどの風習があったが、西海さんが住み始めた頃はすでに漁がそれほ...
再生回数 69 回
3.1 分
子どもの頃から童謡が大好きだった高橋さん。その頃の童謡の歌詞は、街の風景そのものだった。ある日チンドン屋の演奏につられてついていった高橋さん...
再生回数 479 回
4.0 分
国鉄の職員だった高橋さんは、団体旅行の時に列車内で歌う唄の作詞を手がけた。高橋さん作詞の唄は、本職の歌手を招いてのお座敷列車で歌われたり、レ...
再生回数 351 回
3.3 分
童謡好きだった高橋さんは、歌うだけでなく童謡に関する研究も行ってきた。童謡を歌ってきた歌手、歌詞など色々なお話しを伺った。
再生回数 312 回
4.0 分
戦後になり、童謡はどんどん街に広がっていった。赤羽に住んでいた高橋さんは、近所の女の子と童謡を歌って遊んでいた。蓄音機を持っていた友人の家で...
再生回数 351 回
3.9 分
昭和10年、赤羽で生まれた高橋さんは、隣のおばさんから童謡を教えてもらった。当時、2.26事件などがあり、童謡も軍国主義的な風潮になっていたが、子ど...
再生回数 388 回
3.3 分
商店街の活性化をしていた坂本さんは、やがて街づくりの活動を行うようになった。商店街の役員となって再開発の反対運動にも参加するようになった。時...
再生回数 509 回