池袋駅の東口と西口がつながった日

Loading video
昭和35年頃まで、池袋駅には中央通路がなく、東口と西口はつながっていませんでした。通り抜けするためには切符を買ってJR(国鉄)駅構内を通り抜けていました。地下鉄丸ノ内線も昭和29年の開通当時には、東口の下あたりで止まっていましたが、昭和35年頃に西口まで伸び、どちらの口からも出られるようになりました。
再生回数 3447

コメント数

0 個