「包装資材」という言葉の登場

Loading video
かつて、商品を包むものと言えば「紙」で作ったものがほとんどでが、商品の種類が増え、流通も拡大したことで、より丈夫で軽くコストも低いプラスチック製やポリエチレン製の袋、ケース、トレイなどが使われるようになってきました。それらの商品は、関連業界では「包装資材」という名称で扱われていましたが、生活に身近なものであるにも関わらず一般にはなかなか普及せず・・、そこで業界団体をあげて「包装資材」という言葉の周知に取り組むこととなりました。
再生回数 3283

コメント数

0 個