戦争中に作ったお弁当

Loading video
戦時中は食料の配給があったと言われているが、十分なものではなかった。私たちは少しでも多くの食べ物を得るために、遠くまで買い出しに行ったり物物交換を行っていた。手に入れたわずかな米は、ジャガイモや大根を混ぜることで量を増やし、必死に生活を送った。
子どもたちの多くはウサギを育て、お店にもっていき、肉に代えてもらった。
爆弾から逃れることだけが戦争ではない。その日の食料を得ることも生きぬくうえで大きな課題の一つだった。
再生回数 6580

コメント数

0 個