昭和30年代の中学校 1

Loading video
団塊の世代が中学生だった頃の、中学校の先生のお話です。ひとクラスが80人以上であった時や、先生同士の共同作戦、学校と家庭の役割等々。
現在の学校教育とどこがどんな風に違うかも、参考になるかもしれません。
教育の変遷も実体験されながら、未だに担任した生徒や先生仲間との交流も続けていらっしゃいます。御年80歳。
再生回数 5461

コメント数

0 個