高山女学校での落下タンク作り

Loading video
平塚さんが女学校を卒業した年が終戦の年(1945年)だった。学校は軍需工場と化し、勉強は全くせず、戦闘機の翼の下につける「落下タンク」を作っていた。敗戦後、卒業までのわずか1ケ月間、綿入れの縫い方を教えてもらった。役に立つことは、ただ、それだけであった。
再生回数 1165

コメント数

0 個