警察署長の父とどんぶり飯

Loading video
私の父は警察署長でした。当時は営業許可を下す権限も警察にあり、軍人に次いで権力のある職業でした。一番の楽しみには二年に一回の引っ越しでした。各警察署の横には官舎があり、当時は珍しかった車で引っ越しをしました。引っ越し当日の昼は、警察からお金が出て食糧難の時代にも関わらずとんぶり飯を食べることができました。
再生回数 3262

コメント数

0 個