女子会社員として働いて

Loading video
野本さんは、少なかった女性従業員として働いていました。
給料の使い方は、全額を一旦親に預けてから、少しずつもらって欲しい洋服を買っていました。当時はまだ既製服がなく、オーダーメードでの仕立てとなっていました。
仕事の内容は、会計として給料の計算を行っていました。
戦時中は職場から輸送船団を見ながら、無事に帰れるように祈っていました。
ある時のお昼時間帯では、扇島まで遊びに行ってカニや貝を取り、会社の食堂で料理をしてもらって食べていました。
再生回数 3477

コメント数

0 個