戦前の石油会社

Loading video
野本さんは商業学校を出てから、鶴見にあった日本石油会社へ就職をしました。当時、女性の就職はめずらしいことでした。
会社では3時くらいなるとおやつが出てきました。この時代ではお茶くみなどの仕事は給仕さんがいて、自分たちではやりませんでした。
アメリカとの戦争が始まって、原油の輸入ができるかどうかの心配がありました。戦時中はスマトラ原油を輸入しましたが、オクタン価の調整をして販売を行っていました。
再生回数 3834

コメント数

0 個