子どもの頃の戦争の思い出 (7)

Loading video
昭和20年、空襲で宇都宮が辺り一面焼け野原となると、今度は機銃掃射による攻撃が始まりました。当時、女学生の1年生でした。突然敵機が現れて機銃掃射の弾がすぐそばで流れた音は今でも耳に残っています。あの恐ろしさは忘れることができません。
(撮影 2010年3月9日)
再生回数 4553

コメント数

0 個