空襲の時の記憶

Loading video
畠美智子さんが住んでいた川崎市池田町は、空襲の時、多くの爆弾が投下された。爆発により、道ばたには人の手や足、首までも落ちていたという。爆弾が落ちた跡は大きなプールのような穴が空いた。首のない赤ん坊を背負いながら、母親が逃げるなど、悲惨な光景を目にした。空襲警報が発令されると、一目散に防空壕を目指したという。
再生回数 2902

コメント数

0 個