長谷川時雨の生き方

Loading video
長谷川時雨は歌舞伎の脚本を応募したのが作家としてスタートだった。その後小説も書く売れっ子作家となっていく。そして最初は不満だった結婚生活を始めてからも書き続ける。
再生回数 1033

コメント数

0 個